2016年日本建築学会作品選集新人賞 - 生駒の家

获得2016年日本建筑学会作品选集新人赏的「生驹の家」,是由两位年轻建筑师松田修平、安部秀司合作的设计作品,这个木造2阶专用住宅虽然位在住宅密集地区域内,却能克服问题营造出良好採光眺望的家,让自然光能溢满整个空间,并以大地色系的内装素材呈现极为和谐的氛围,获得评审的肯定而获奖。

这个以金属沖孔板作为天井建材的大胆创意,不但克服了基地高低差的日光照射问题,还让住家内部的空间感放大,毫无违和的天井设计,还额外创造了阁楼空间,让业主家人多了一个可以静心阅读亲近天空的好场所,真是非常吸引人的好设计想法!

住宅密集地で採光眺望に恵まれた敷地ではないが、中心となるトップライトのある自然 光溢れる吹抜け空间がその欠点を补い、ナチュラルでやわらかな色调の内装素材と共に建 物全体にさわやかな空気感を与えている。トップライト下のグレーチング天井はメンテナ ンスにも配虑されデザイン的にも违和感は全くなく、透けた床の上で子供たちが游ぶのも、 星空を见ながら大人がくつろぐのも楽しそうである。

吹抜け周りの4つのブロックは床の高低差が絶妙に计画され、それぞれの适度な独立感 と、あたかもワンルームのように家全体が繋がる亲近感が见事に両立できている。4つの ブロックの隙间からの视界の抜けなど外部との関係性もほどよくつながっている。立体的 に展开する活き活きした空间の楽しさが感じられる、家族の生活を大切に考え抜かれたオ リジナリティ溢れる建筑であった。